明光義塾について

明光義塾について

「自立学習」が身につく「個別指導」で「考える力」と「実行する力」を養う
それぞれの生徒が目標を達成するための手段を自発的に見出し、自主的に学習に取り組んでいく姿勢を養うこと。それが「自立学習」です。「考える力」と「実行する力」を培っていくことが何よりも重要であり、この学習の基礎を身につければ、おのずと学力は向上します。この「自立学習」を促すのにもっとも適した指導法が「個別指導」です。ですから明光義塾では生徒に対して必要以上に教えるのではなく、できる限り自分で考え、調べることによって発見させるように努め、「できる」状態へと導いていきます。
半世紀を超える抜群の実績 学ぶ意欲を引き出す自立学習を
時代に先駆けて明光義塾は1960年に個別指導を開始。半世紀を超える歴史の中で、研究と実践を重ね、改善を図り続けてきた指導プログラムは、全国約2000教室で際立つ成果をあげ、高く評価されています。明光義塾が個別指導において着目するのは学習意欲の差です。何よりも重要なのは「学ぶ意欲を引き出すこと」であり、一人ひとりの“ちがい”をしっかりと見つめながら構築するプログラムで「自立学習」を促しています。また、低料金月謝制から科目の自由選択制、欠席振り替え制度までムリやムダのない受講システムを提案しています。

明光義塾の教育理念
教育理念

「勉強の仕方」を見出し、「自立学習」を身につける。これが学力を高めるのにもっとも効果のある学習法であり、そのパイオニアとして明光義塾は揺るぎない実績をあげ、21世紀社会にふさわしい自立心に富んだ人材を育成しています。

明光義塾の強み ①
「つきっきり」ではない個別指導

明光の個別指導は、完全な「つきっきり」ではありません。授業の中で、講師がすぐに質問できる距離を保ちながらも、生徒自身が一人で考え、自分で問題を解く時間を作ることで、生徒自身にテスト本番で「一人でも解ける」力が身につきます。

明光義塾の強み ②
「話せる・聞ける」対話式の授業

授業の中では生徒自身が「分かった」ことを自分の言葉で講師に話すことで、「分かったつもり」を防ぎます。また、分からないことがあった時はすぐそばにいる講師にすぐに聞けるため、苦手の積み残しがなくなります。

明光義塾の強み ③
悩みに寄り添うカウンセリング

明光では生徒・保護者と面談形式で定期的なカウンセリングを行い、塾での生徒の様子や今後の学習計画、入試に向けた受験情報などをお話しします。生徒・保護者の悩みにしっかり寄り添うことで、お子さまの学習効果を最大化するための指導を行います。